中古・リノベーション住宅や不動産売却について中古・リノベーション住宅や不動産売却査定の業者選び方のコツ

業者の選び方業者の選び方
この記事は約7分で読めます。

不動産の売却を考える時、親からの遺言で相続した家や、土地の場合、自分で済んでいる家をうることで住み替えする場合など状況によって業者の選び方は変わります。

不動産の売却は、無料で気軽に一括査定できますが、不動産会社の営業さんは体育会系でガシガシ来る人も多いので迷惑電話と感じるかもしれないので、中途半端な気持ちで家の査定をするのは控えたほうが良いと思います。

全然違う業者さんや、不動産投資など違った電話もかかってきたことがあるので、しっかりと売る気持ちが動いているときが中古・リノベーション住宅や不動産売却のタイミングじゃないですかね。

離婚したとか、転勤になったとか、住宅ローンの返済が滞っているというときは、業者買取は安く買いたたかれることが多いですし、任意整理になる前に中古・リノベーション住宅や不動産売却する情報を集めるために流れや、手続きのやり方、仲介手数料など調べだすのはどうでしょう。

結局は、中古・リノベーション住宅や不動産売却の見積もり査定は、相見積もりすると不動産会社によって差額が1000万円ほど違うときがあるので、無料相談や、無料査定はどこがいいのでしょう?

無料一括査定を活用する流れをシェアしますね。

中古・リノベーション住宅や不動産売却 流れ

相続した家を売却するとき

相続した家の場合で、築30年~50年以上たっていることも多いです。
しかも、今住んでいるところから遠いので手入れができない空き家になっているなら、売れないことが多いです、
この場合は、逆に、空き家対策特別措置法ができたので、持ち主が、危険な状態になってがいる空き家を解体する必要が出てきます。

家を解体すると100万円~300万円かかることがあるので、土地がある地域の市区町村に相談すると助成金がある可能性があります。

助成金は利用しないと損しますよ。

自分で買ったローンが残っている家を売却するとき

自分で買った家やマンションの場合はローンの残債割れの可能性が高いので、赤字になることが多いと思います。
住宅ローンは、売却するときに、住宅ローンを一括返済する必要があるので、足りない分の融資をうけることができない場合は、自分の預貯金で返済が必要になります。
家の売却をやめたいと感じた時はしっかりとやめる意思を査定してくれた営業さんにしっかりと伝える必要があります。

中古・リノベーション住宅や不動産売却で不動産業者の選び方

中古・リノベーション住宅や不動産売却

不動産会社は、ポストにチラシを嫌になるほど投函していると思います。
でも、チラシで、連絡するのは控えたほうが良いかもしれません。

かなり、高額な金額で買取を謳っていることが多いですが、実際には、仲介手数料や、諸費用、税金などを考慮すると提示の金額からかなり低い手取りになります。
新築で買った場合は、買った時点で1000万円くらい価格が下がることが多いといわれています。

不動産会社によって、得意、不得意もあるので数社の査定することが必須です。

実は、リフォームして、購入時より高い売却価格を提示することを得意とする不動産会社もありますし、ほしいというお客さんをすでに見つけているので仲介手数料と税金を気を付けて家を売ることができることもあります。

小学校、中学校が安定している地域は比較的高めで売却できることもありますが、売却するタイミングがとても大事です。

新築で購入したマンションの一例の口コミですが、大手デベロッパーに売却依頼した隣人は、10年住んで購入時より高い価格で自宅を売却されました。
しかし、売却価格は高くても、リフォーム代、仲介手数料、諸費用、税金などを考慮すると、購入時と同じくらいで売れた感じになってました。

この時は、11月くらいにリフォームを開始されて、年始から販売の広告のチラシに乗ってました。 3月に売れてたので、早ければ3か月くらいで売却ができてました。

小学校、中学校が安定した地域の新入学を見越して、不動産の売却をするのは少しでも高く不動産を売却するポイントだなと感じてます。

この時に、優良な不動産会社の担当に出会えたらラッキーです。

ほとんどの場合は、カモがネギしょってやってくる感じになります。

注意点としてもう一つの口コミだと、離婚されて、マンションを売却されたのですが、不動産会社に業者買取してもらったそうです。かなり足元を見られて安く売却されてました。
その後、不動産会社がリフォームを行い、購入時の価格より高い金額で売却して売れてました。

この点から、業者買取はなるべくなら控えたほうが良いように感じてます。

実際、不動産を売却するときは、短期間で売れないことが多いので、気長に対策しながら貸すことも考慮に入れてみるのはどうでしょう。

業者の選び方としてお勧めなのが、リビンマッチのような大手のサイトを利用して不動産の業者で相見積もりすることです。

不動産の知識が少ない人は、なるべく大手のコンプライアンスがしっかりした不動産企業の無料見積もりを比較するのが不安が少なくなると思いますよ。

安心の無料一括査定で
おすすめのリビンマッチ
↓↓↓↓

中古・リノベーション住宅や不動産売却のメリットとデメリット

中古・リノベーション住宅や不動産売却 メリット デメリット

中古・リノベーション住宅や不動産売却のメリット

売却することで、住宅ローンの負債から解放される。
固定資産税、トイレ、壁紙、お風呂、台所、洗面所のメンテナンスの費用を気にしなくてよくなる。
ローンを返済している差額によって利益が出る場合がある。
不動産を売却で発生した費用と信頼を元に、子供部屋のある大きな広い家、または、子どもが巣立って、都心のマンションがある新しい地域に住み替えができます。

中古・リノベーション住宅や不動産売却のデメリット

中古・リノベーション住宅や不動産売却するときは、儲かったら税金がたんまりかかりますし、ローンが残っていたら残債を一括返済する必要があります。
赤字になった金額を再融資していただけた場合は、金利がぐんと上がります。
実際に、家を売ってしまうと、住むところがなくなります。 引っ越し費用も掛かります。 新しい家の購入費用、または、礼金敷金がいる場合もあります。
不動産の査定をしてもらう対応をする必要があります。
なんやかんやで結構手間がかかります。
中古・リノベーション住宅や不動産売却をやめたいと感じるくらい手続きが大変です。

中古・リノベーション住宅や不動産売却の時期

中古・リノベーション住宅や不動産売却 時期

中古・リノベーション住宅や不動産売却するのに適している時期があるそうです。
予想がつくと思いますが、転勤の時期と新学期が始まる前です。

特に、当ブログでお勧めだと感じるのは、小学校、中学校が安定している地域で、新学年が始まる前がおすすめです。
4月から小学一年生とか、中学一年生の家族の需要が見込めます。

転勤の時期は、お父さんが子供のために単身赴任を開始する時、子どもが中学生になって勉強部屋が必要になったときなどで、学校の校区内で家やマンションを購入する需要があります。
いずれにしても、家や、マンションを買う人は、子育て世代、子育て終了世代、ペット飼育するためなど購入する人の予想を立てると気持ちが楽になると思います。

中古・リノベーション住宅や不動産売却の査定で気を付けること

中古・リノベーション住宅や不動産売却 不安

不動産屋さんに足元を見られないことが大事です。
実際に、給湯器故障、お風呂故障、トイレ故障、キッチン故障などがないときは生活傷は査定に響かないことが多いです。
査定に影響するのは、ペット買っている割引とかですかね。

実際の中古・リノベーション住宅や不動産売却の流れは、買い手が既にいる。仲介手数料。リフォームは交渉となる流れが多いと思います。

不動産は売れないのが普通です。 なので、気長に取り組む気持ちが大事です。
不動産会社の言いなりになるのでなく、しっかりとご自身で判断して決断を下すことがとても大事です。 ⇒ 【リビンマッチ】中古・リノベーション住宅や不動産売却 一括無料申込

不動産が売れないときの損しない心構え

時は金なりなので、不動産の売却に手間がかかるなら安くなることが多いですが業者買取してもらう人もいると思います。
ですが、1年売れなくても大丈夫という気持ちで、不動産を売却するのがお勧めです。
不動産会社も売るためにいろいろと施策してくれるので、落としどころの金額で満足できるなら、リフォームや、広告を出す手段があります。
急ぐと足元みられる可能性が高いので、固定資産税と、ローンの足しになればよいという感じで人に貸す方法もあります。
貸すときは、自分で住民とやり取りするのが大変なので仲介業者にお願いする手数料がかかるので経費として不動産投資の一歩踏み出すやり方を選ぶのもありだと思います。

まとめ

中古・リノベーション住宅や不動産売却は、人生で一度の大きな買い物をした後に起こります。
遺産で手に入れた家でも、自分で購入した家でも大きな金額が動くので、少々手数料が高いと感じても安心できる不動産屋に相談する道を選びます。
仕事では相見積もりが必須になっていると思います
中古・リノベーション住宅や不動産売却も相見積もり取るのはどうでしょう。

管理人おすすめ
不動産一括無料査定
こちら
↓↓↓↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました